SPACE SHOWER TV × J:COM 高橋 優 Precious Live 2020.10.25[SUN]

ライブレポートはこちら! ON AIR INFO

最新情報

▶▶▶

番組概要

イベントの模様はJテレ(J:COMテレビ)とスペースシャワーTVにて、
特別番組として放送!

スペースシャワーTV

「高橋 優 Precious Live」
【90分完全版】
初回放送:11/28(土)21:00~22:30
再放送:12/14(月)22:30~24:00、12/27(日)20:00~21:30

放送用に特別に演奏された未配信の2曲を含む
90分ライブ完全版でお届けします!

番組情報はこちら

J:テレ(J:COMテレビ)

「SPACE SHOWER TV × J:COM高橋 優 Precious Live」
【ダイジェスト版30分 最速放送】
初回放送:11/15(日)19:00-19:30
再放送:11/21(土)25:00-25:30

本ライブ30分ダイジェストを最速でお届けします!


J:COMインタビュー

スペースシャワーTVのマンスリープログラムに出演中!

「ローカリズム♪」

番組HP

ゲストアーティストの故郷に高橋 優が訪問し、思い出の地や彼らが紹介したい場所を巡る番組。
慣れ親しんだ地にいるからこそ、普段見る事が出来ない一面や話した事のないエピソードが出てくるハズ。
ゲストの知られざる素性に迫る番組をお楽しみに!

「J:テレ(J:COMテレビ)」の視聴方法

「J:COM」の有料サービスの加入・未加入を問わず、「J:COM」のネットワークが接続されている建物にお住まいであれば、無料でご視聴いただけます。
※サービスエリア内でも一部ご利用いただけない地域がございます。
※大分ケーブルテレコムのエリアでは、ご視聴いただけません。

札幌・仙台・関東エリア「地上デジタル10ch」、関西・福岡・北九州エリア「地上デジタル12ch」、下関エリア「地上デジタル111ch」、熊本エリア「地上デジタル11ch」
※J:テレ視聴可能世帯数:1,393 万世帯 2020 年 6 月末現在

番組視聴はこちら

「スペースシャワーTV」とは?

日本のロック・ポップスを中心に、邦楽・洋楽・メジャー・インディーズを問わず、様々なジャンルを網羅し、24時間放送する日本最大の音楽チャンネルです。

公式サイトはこちら

生配信概要

イベント名
SPACE SHOWER TV × J:COM 高橋 優 Precious Live
開催日
2020年10月25日(日)
時間
17:00開演予定
募集人数
3,000名様(抽選)
配信プラットフォーム
PIA LIVE STREAM
※当選された方へURLをお送りいたします。
※本イベントは終了いたしました。

ライブレポート

高橋 優が無観客生配信ライブを開催!

最新アルバム「PERSONALITY」収録曲をはじめ、
代表曲、ヒット曲を全13曲たっぷり披露した圧巻のパフォーマンス!

 2020年10月25日(日)、「SPACE SHOWER TV × J:COM 高橋 優 Precious Live」が開催された。
 日本最大の音楽専門チャンネル「スペースシャワーTV」と国内最大手のケーブルテレビ会社「J:COM」がタッグを組んで贈る、完全招待制プレミアムライブシリーズ「Precious Live」。初の生配信ライブとなった今回の出演は、メジャーデビュー10周年を迎えた高橋 優だ。スペースシャワーTVの人気番組「ローカリズム♪」のレギュラーMCをつとめる高橋は、最新アルバム「PERSONALITY」収録曲をはじめ、代表曲、ヒット曲を全13曲たっぷり披露。抽選で視聴チケットを手にした3000名の視聴者に向けて、圧巻のパフォーマンスを繰り広げた。

「今日のお相手はカメラの向こう。Precious Liveをご覧のみなさんに楽しんでいただきましょう!」と気合いを入れた高橋は、バンドメンバーに続いてステージに移動。
カメラにピースサインを向けると、オープニング曲「ルポルタージュ」を放つ。エッジの効いたサウンド、<大切な人の笑顔に会える日まで/君がいる限りこの世界は素晴らしい>というフレーズは迫力十分。カメラを見据えながら<一人と一人 瞳と瞳>と投げかけるステージも臨場感たっぷり。さらに壮大なメロディラインとともに<前へ 前へ>と未来への希望を力強く歌い上げた「虹」によって、早くもライブは最初のピークに達した。
「もともと路上ライブをやっていた人間なので、今日も“あなた”に向かって歌いたいと思って、ここに立たせてもらいました。高橋 優の部屋をのぞいているような気持ちで、楽しんでほしいと思います」という言葉に導かれたのは、アルバム「PERSONALITY」の収録曲「room」。“それぞれの部屋”をテーマにした歌詞とR&Bテイストのサウンドが重なり合い、官能的なムードを生み出す。さらに「ふだんのライブだったら“みなさんの声を聴かせてください”という曲です」と紹介された「(Where's)THE SILENT MAJORITY?」から「象」「太陽と花」とアッパーチューンを連発。コメント欄には「へい!」「いぇーーーーい!!」「家だから遠慮なく手も体も振っちゃう~」といった言葉が並び、配信ライブならではの“一体感”を生み出してみせた。

 ここで高橋は、視聴者からのコメントをチェック。
「“唇治って良かった”。……って何の話?(笑)」「“髪型決まってる”。ありがとうございます…決めてきましたよ、Precious Liveですから」「みんな“うんこ”って言ってる!」「15件か20件に1回ずつ“かっこいい”と書いてくれてる人がいるから満足しました」とリアルタイムで直接コミュニケーションを取る。これもまた、配信ライブでしか見られない光景だ。
この後は代表曲「福笑い」をアコギの弾き語りで披露。繊細なアルペジオに乗せ、一つ一つのフレーズにしっかりと感情を添えて歌うシーンは、まさに“Precious”。笑顔で人に接することの大切さを込めた歌詞は、先が見えない社会に生きる観客に大きな勇気を与えたはずだ。
 美しいピアノのフレーズから始まったのは、「自由が丘」(アルバム「PERSONALITY」収録)。メインステージに戻った高橋は、叙情的な旋律とともに、大切な“あなた”への真っ直ぐな思いをオーディエンスに手渡すように歌う。好きな人のすぐそばで生きていたいという感情がダイレクトに伝わるこの曲は、早くも新たな代表曲として認知されているようだ。

「画面の前で飛び跳ねられる人、ぜひ飛び跳ねてください!」「さあ、ここから一つになりましょうか、Precious Live!」と煽った「パイオニア」からライブは後半へ突入。テレキャスターに持ち替え、鋭利なギターフレーズと現実とぶつかりながら必死で生きている人々へのエールを響かせた「現実という名の怪物と戦う者たち」、何歳になっても夢を諦めないことの大切さを真っ直ぐに歌った「one stroke」(アルバム「PERSONALITY」収録)。高揚感に溢れたバンドサウンド、真摯なメッセージ性をたっぷり含んだ歌詞、リスナーと正面から向き合うステージングは、間違いなくシンガーソングライター・高橋 優の本質と直結していた。
鬱屈を解き放ち、ポジティブな気持ちへと誘う「明日はきっといい日になる」を披露した後、高橋は観客に向かって語り掛けた。
「今年はデビュー10周年。10年前に“こういう世界になったらいいのにな”ということがいっぱいあって、それはいまもあります。僕は“どんなことが起こったとしても、きっと世界は素晴らしい”と思えるような曲を書いて、その曲でデビューさせていただきました。その曲をあなたに送ります」というMCを挟んで歌われたのは、メジャーデビュー曲「素晴らしき日常」。10年の時を経て、さらに存在感を強めているこの曲を生々しく歌い上げ、ライブはエンディングを迎えた。リアルな感情を反映した楽曲と喜怒哀楽を込めた歌声。高橋 優の魅力をダイレクトに感じられる貴重なステージだったと思う。

 本ライブの模様はJ:テレ(J:COMテレビ)で11月15日(日)19:00~19:30に30分の最速ダイジェスト版として放送。さらにスペースシャワーTVでは、放送用に特別に演奏された未配信の2曲を含む90分の完全版が11/28(土)21:00~22:30より放送されるので、ぜひお見逃しなく。

<セットリスト>
M1. ルポルタージュ
M2. 虹
M3. room
M4. (Where's)THE SILENT MAJORITY?
M5. 象
M6. 太陽と花
M7. 福笑い
M8. 自由が丘
M9. パイオニア
M10. 現実という名の怪物と戦う者たち
M11. one stroke
M12. 明日はきっといい日になる
M13. 素晴らしき日常
※特別番組での放送楽曲は未定です

文:森朋之 / 写真:曽我美芽

プロフィール

高橋優

1983
12 月26 日生まれ。秋田県横手市出身。
2008
活動の拠点を札幌から東京に。
2010
4 月デビュー前に「福笑い」が東京メトロCM ソングとして大抜擢される。
7 月 Single「 素晴らしき日常」でメジャーデビュー。
2013
11 月24 日 初の武道館公演を敢行。
2015
6 月10 日 Single「明日はきっといい日になる」リリース。
7 月に秋田県より「あきた 音楽大使」に任命される。
2016
高橋優主催の野外音楽フェス「秋田CARAVAN MUSIC FES 2016」開催。
(以降2019 年まで9 月に継続的に開催した。)
2017
8万人を動員する自身最大規模となる全国LIVE TOUR2017-2018「ROAD MOVIE」開催。
2018
6th Album「STARTING OVER」発売
LIVE TOUR 2018-2019「STARTING OVER」開催
2019
ベーシスト亀田誠治とのユニット、メガネツインズ初となる東名阪ワンマンツアーを開催
LIVE TOUR 2019-2020「free style stroke」開催(全国28 箇所・33 公演)
※コロナ感染の影響により、2 月29 日以降9 箇所11 公演を中止
高橋優 公式HP