映秀。
映秀。(えいしゅう)

2002年3月17日生まれ。
「人のきっかけになること」をテーマに掲げる、現役大学生のシンガーソングライター。
高校時代に始めたYouTubeチャンネル「ジェラfeat.映秀。」での弾き語りカヴァーが人気を集め、2020年11月にメジャー・デビュー。
2021年に2枚のアルバム『第壱楽章』『第弐楽章 -青藍-』をリリース。
同年12月に全国5公演となる初のワンマンツアー「This is EISYU」を成功させた。

オルタナティヴな「別解」を提示する文学的リリック、
ロック〜ジャズ〜R&B〜ヒップホップまで軽やかに横断するジャンルレスな感性、
弾き語りからトラックメイクまでこなす万能感、
学生時代に声楽で培った圧巻のヴォーカルと表現力、溢れんばかりのエモさと情報量など、
規格外のポテンシャルが高く評価されている。

メジャー・デビューに先駆けて、川谷絵音によるプロジェクト「美的計画」に参加。
2021年、Spotifyによる新進アーティスト・サポート・プログラム「RADAR:Early Noise 2021」に選出。
Hey! Say! JUMPに楽曲提供。
アルバムやワンマンツアーに参加しているピアニスト・角野隼斗は、映秀。も「大親友」と語るほどの仲。
2022年5月1日には、さいたまスーパーアリーナで開催される「VIVA LA ROCK 2022」への出演が決定している。

ページの先頭へ戻る