POLYSICS
ハヤシヒロユキ
フミ
ヤノマサシ

1997年、アメリカのNew Waveバンド”DEVO”に憧れたハヤシが結成。バンド名は、ハヤシが初めて買ったシンセサイザー「Polysix」に由来する。
全員揃いのツナギにバイザーという奇抜な出で立ちに加え、特異なパフォーマンスと、爆音ギターとコンピューターミュージックを融合させた唯一無二のサウンドで一躍脚光を浴びる。
以後、幾度かのメンバーチェンジを経て活動を続け、今年で結成23年を迎えた。
これまでに17枚のオリジナルアルバムを発表している。
近年は、同メンバーの別バンドThe Vocodersとしても活動している。

1997年3月4日、新宿JAMにて初ライブ。

1999年、アルバム『1st P』でDECKRECレーベルよりデビュー。

2000年、マキシシングル『XCT』でSONY Ki/oonレーベルよりメジャーデビュー。

2001年、メジャーデビュー前からサポートとして参加していたフミが正式加入。

2003年、アルバム『NEU』をアメリカでリリースし海外での活動を本格化。
毎年コンスタントに北米、ヨーロッパでツアーを行い、これまでの海外ライブのトータル本数は250本を数える。

2004年、オーディションを経てヤノが加入。

2010年3月14日、メジャーデビュー10周年を記念し、日本武道館で初ワンマンライブを開催。このライブをもって、デビュー以来のメンバーのカヨ (Synthesizer, Voice)が卒業。
以後、ハヤシ、フミ、ヤノの3人体制で活動を続ける。

2012年3月3日、1997年3月4日の初ライブから数えて1000本目のライブをSHIBUYA-AXで行い、続く3月4日に結成15周年を迎えSHIBUYA-AXで記念ライブを行う。

2017年3月4日、結成20周年を迎え、豊洲PITにて記念ライブを行う。

2017年秋、ナカムラリョウ(Guitar, Synthesizer, Voice)が加入。

2018年、同メンバーの別バンド、The Vocodersを結成。

2020年3月、ナカムラリョウが脱退。
再び3人体制で活動して行く。

ページの先頭へ戻る