サーチ

アーティスト名、楽曲名を
入力して検索

今日の放送予定

インフォメーション

レコメンドアーティスト

宮本浩次

宮本浩次

スペースシャワーTVが自信をもっておススメする邦楽マンスリーアーティストが"VIP"。話題の新曲ミュージックビデオを中心に大量オンエア!

希望の唄 / KALMA

希望の唄 / KALMA

毎月注目アーティストの一曲をピックアップし、 そのミュージックビデオをヘビーローテーションでオンエア!

その他のローテーション

レコメンドアーティスト

POWER PUSH! INTERNATIONAL

POWER PUSH! INTERNATIONAL

毎月注目アーティストの一曲をピックアップし、
そのミュージックビデオをヘビーローテーションでオンエア!
2011年10月のパワープッシュアーティストは…

PUMPED UP KICKS  / FOSTER THE PEOPLE

2011年10月のアーティスト

Profile

MGMT以来の衝撃。2011年マストな一枚。

カリフォルニア州LA拠点3人組。オリジナル・メンバーのMark Foster(ヴォーカル、キーボード、ギター、プログラミング、パーカッション)、Mark Pontius(ドラム、パーカッション)、Cubbie Fink(ベース、バッキング・ヴォーカル) の3人が初めて一緒にセッションしたのは2009年10月のこと。2010年夏、口笛のメロディが印象的な「Pumped Up Kicks」が、世界中の音楽ブログを紹介する有名サイト「The Hype Machine.com」を中心に、テイストメイカーのラジオDJなどを介して紹介されるようになり、英NMEは2010年ベスト新人バンド50傑の23位に選出。その際にNMEは彼らを「ストロークスとヴァンパイア・ウィークエンドとMGMTとダフト・パンクによるバーベキュー・パーティーでの出会い」といった表現をしている。また、米SPINは「Pumped Up Kicks」を「2011年のアンセム!」と興奮気味に評し、楽曲は今年に入ってから大変な盛り上がりを見せ始めカナダのオルタナティヴ・チャートでは6週連続1位(6月中旬時点)、ビルボードのオルタナティヴ・ロック・チャート(“オルタナ”ではなくかなりメインストリームなチャート)で1位まで上昇、アルバム・セールス・チャートでも全米(ビルボードTOP200)8位、カナダ7位、オーストラリア9位といずれも初登場で好調な結果を残している (尚、アメリカでは2003年の新人エヴァネッセンスによるシングル「Bring Me To Life」以来、オルタナティヴ・チャートとビルボードの10位以内に入った初めての新人となっている)。また欧米のフェスは総ナメ状態で、SXSW(米テキサス州オースチン)やコーチェラ(米カリフォルニア州インディオ)、グラストンベリー(英ピルトン)、サスクワッチ(米ワシントン州)などで最も注目される新人アクトとなり、目撃者によるバズは加速度的に広がり続けている。尚、今後もロラパルーザ(米シカゴ)、スプレンダー・イン・ザ・グラス(豪クイーンズランド)などにも出演する。本作は、プロデューサーにポール・エプワース(アデル、フレンドリー・ファイアーズ、プライマル・スクリーム)、リッチ・コスティ (ミューズ、フランツ・フェルディナンド、ミュー)、グレッグ・カースティン(リリー・アレン、リトル・ブーツ、ザ・フレイミング・リップス)らを迎え、2011年マスト・リッスンなシンセ・ポップ・マスターピースになること請け合いの仕上がり。ユルさと心地よさはクラップ・ユア・ハンズ・セイ・ヤー的、MGMT初期シングル3枚の路線のようなヴァイブ。まずは最新モードのインディ・ロック~インディ・ポップが大好物な全てのキッズに。そして、メンバー自身が「全ての人に向けて音楽を作っている」と語るように、全てのポップ・ファンにも強烈にオススメしたい逸品!

ページの先頭へ戻る