サーチ

アーティスト名、楽曲名を
入力して検索

今日の放送予定

レコメンドアーティスト

クリープハイプ

クリープハイプ

スペースシャワーTVが自信をもっておススメする邦楽マンスリーアーティストが"VIP"。話題の新曲ミュージックビデオを中心に大量オンエア!

溶けた銃口 / teto

溶けた銃口 / teto

毎月注目アーティストの一曲をピックアップし、 そのミュージックビデオをヘビーローテーションでオンエア!

その他のローテーション

レコメンドアーティスト

POWER PUSH!

POWER PUSH!

毎月注目アーティストの一曲をピックアップし、そのミュージックビデオをヘビーローテーションでオンエア!

Echo / PAELLAS

2018年3月のアーティスト

Artist

Echo / PAELLAS

Profile

東京を拠点に活動する4人組。 あらゆるジャンルの要素を独自のセンスで 解釈し生み出すサウンドは、セクシュアル かつロマンチック。

都会に漂うメランコリックな情景やその儚 さを想起させるライブパフォーマンスも支 持され、あらゆるシーンや時代を超えた 存在になる可能性を秘めている。

オフィシャルサイト

Power Push! Interview


4人編成となって初のミニアルバム「Yours」をリリースしたばかりのPAELLAS(パエリアズ)。3月のPOWERPUSH!としてO.A中の『Echo』について、MV撮影秘話や、バンドの成り立ち、それぞれのルーツミュージックなどをメンバー全員に語ってもらった。

Text_加藤蛍 Photo_ 依田純子

ー発売中のミニアルバム「Yours」に収録されている『Echo』が3月期 POWERPUSH!として絶賛O.A中です。もうご覧になりましたか?

MATTON:残念ながら家にはテレビがなくて

Satoshi Anan:じつは家も…

bisshi:という感じで、メンバーは誰も観られてないんです

Ryosuke Takahashi:でもたぶん、実家では観てくれてるはずです

ー『Echo』のMVは無機質な病室のような場所を舞台に、白人のおばあちゃんが主役となった少しダークな仕上がりの不思議な映像ですね。

MATTON:MVはPERIMETRONというチームに作ってもらいました。彼らの手がけた作品を観ていたので、僕たちの方からオファーさせてもらって

bisshi:WONKの『Gather Round』とか、いい作品をたくさん撮っている人たちなので、僕たちの曲からどんな映像を仕上げてくれるのか楽しみにしていたんですよ

Ryosuke:今回は作品に重きを置きたかったので自分たちはあまり映らなくて良いかなと思っていたのですが、完成した作品を観て、演奏シーンとのバランスがすごくちょうど良いなって思いました

ーメインはおばあちゃんのシーンで、MATTONさんが中盤あたりで、他の皆さんは間奏の辺りから出てきて、ラストの方でPAELLASメンバーが揃って行きますよね。

Anan:おばあちゃんのシーンを撮影するのにかなり時間がかかったので、僕たちの演奏シーンはほぼ一発撮りのワンカットでOKが出た気がします。たぶんトータル1時間くらいで終わったんじゃないかな

MATTON:そうそう(笑)。あのおばあちゃんは、ロシア人の女優さんなんです。最初の打ち合わせの時にPERIMETRONからこういう人を主役にしたいって提案を受けました。僕らも同年代のキレイなモデルの人に出てもらうのはちょっと違うかなと思っていて、悟りを開いたようにも、サイコにも見えるような人がイメージだったので、結果的にあのおばあちゃんに決まったことで映像によりインパクトが出たな、と思っています

bisshi:目がすごいもんね

Ryosuke:うん、存在感がすごい。ロシア語しか話せないので撮影チームはとても苦労していました。娘さんが通訳として来てくれていたんですけど、お年のせいもあって、監督からの指示の通りに動いてもらうのにとても時間がかかっていて。でも彼らの頭の中には撮りたい構図がバシッとあるから、みんなでスペースの外からひたすら応援していました。言葉は通じないから心の中でしか応援出来なかったんですけど(笑)

MATTON:映像だと迫力のある雰囲気で写っていますけど、カメラが止まっているときはとても気さくでかわいらしいおばあちゃんなので、楽しい現場でした

ー楽曲に関しては、どういったことに着想を得て制作されたのですか?

MATTON:この曲はサビのメロディだけが最初のセッションの時点であって、他の部分は後から付け足したりしながら完成に向かっていった曲なんです。途中、どこに向かうのか自分たちでもわからない瞬間もあって

bisshi:このトーンで仕上げるのはちょっと違うかなっていうやり取りもあったりしたんですけど、自分たちっぽいメロディを乗せられたタイミングが訪れて。そこで一気にガラッと変わりました。「Yours」では『Over The Night』がセッション形式で作って、Ananが1曲、僕が2曲、あとはもともとストックであった曲をアレンジしたり

MATTON:前作はAnanがほぼ1人で作ってくれて、その前はbisshiがほぼ全部手がけていた時代もあるし、リリースする時期によって全然違ってくるんです。それこそセッションで全部やっていた時期もあって、今回は以前のような手法をいまの自分たちの完成と技術で試したらもっと良いものが出来るんじゃないかなっていうところから始まっているんです

ー以前と比べて幅の広がりを感じたり?

MATTON:そうですね、昔はセッションしても広がらなかった部分がより深いところまで行けるようになったと思うし、それを素にまたゼロから生み出せたりするようになって来ていると思います

ーなるほど。過去の話が出て来たタイミングでバンドの成り立ちなどを伺えたらと思うのですが、もともとはMATTONさんとbisshiさんで始めたバンドなんですよね。

MATTON:2012年くらいから僕とbisshiでバンドを始めて。Ananとも少しだけ一緒にやっていた時期もあったけど留学へ行っちゃったので、残った2人で大阪で2年間活動して、その後に4人編成になり、2014年に上京して、そのタイミングでRyosukeさんに入ってもらって。結構メンバーの変動が多いバンドなんですけど、bisshiと僕はPAELLASしかバンドをやったことがないんです。初期の頃は今とは雰囲気が違ってUKサイケガレージみたいな音楽をやっていたので、名前は同じだけど別バンドという認識ですね

bisshi:だね、最初はTHE PAELLAS名義だったから、“THE”がある時代と、なくなった時代しかない(笑)

MATTON:Ryosukeさんはサポートで入ってもらってからメンバーになったので、キャリアの差がすごいあって

Ryosuke:サポートミュージシャンや別のバンドでもやっていたんですけど、いつの間にかPAELLASの一員になっていました

ー時代によって変化し続けているということは、今後の音楽性も変わってくるんでしょうか。

MATTON:それは絶対にあると思います。ここ5年くらいの自分たちの中で軸としてあるのはアメリカのインディーミュージックと80年代のUK、それにR&B。バンドとしては夜のムードみたいなものはずっと保っているのかな、と

bisshi:でも「Yours」には夜っぽくない楽曲もあるよね

MATTON:そうそう、昔はよくPAELLASの曲を目覚ましにすると寝坊するって言われていたんですけど(笑)、そうではない部分も今後出てくると思います

ー音楽的なムーヴメントを意識することはありますか?

MATTON:意識的にということではなく、自然と出てくる音に時代性が現れてくる、という意味では絶対的にあると思います。ただ、国内でのムーヴメントに関しては意識しないようにしています。シティっぽい、都会っぽいと評されることもありますが僕らはみんな地方出身だし、ど真ん中からは外れた位置にいるとは感じることはありますね

ーそこがPAELLASの個性というか。

MATTON:そうですね、出来るだけ他の人が出さないものを出して行きたいんです。それは『Echo』のMVにも現れているのかなって。みんなも良いと気付いているのに手を付けなかった部分に、あえて踏み込んでいくのがリアルなのかな、と

ー一方で今回の「Yours」は、前作よりも歌詞に日本語率が高くなったような気がしています。

MATTON:前は英語っぽく聞こえる日本語を選んだりしていたのですが、今作ではきちんと日本語として耳に入ることを意識しました

ーその変化は、楽器隊の皆さんにも影響はあります?

Ryosuke:そこはあまりないですね。そもそも僕らは言葉を音として捉えているので、今回はそこに日本語をハメて来たんだな、と思いましたけど、違和感がないので、スッと受け入れています

MATTON:セッションのときに出てくる仮歌は宇宙語みたいに意味を持たない言葉なんですけど、そこに意味を持たせすぎることによってメロディの良い部分が変えられちゃうのは避けたいので、Ryosukeさんの言うように、音としても言葉としても、ちゃんと気持ちの良いものになるようにと言うのが一番大事にしている部分です

ーなるほど。『Echo』のYoutubeに上がっているコメント欄も国際色豊かですし、誰もやっていないことをやっているからこそ、存在感を示すことが出来ているのかもしれませんね。

MATTON:知らない国の知らない言葉で歌ってるけど、なんか良いなって思ってコメントを書いてくれたのかなって。僕らもかっこいいなと感じる音楽って、歌詞の内容がわからなくても全然伝わってくるので、外国の方にも同じようにPAELLASを聴いてもらえてるのであればうれしいですよね

ー海外での活動も視野に入れていますか?

MATTON:3月の終わりに中国でライブが決まっているんですが、他の国にも行けるようになりたいですね。あとは映画の主題歌とかやってみたい。映画の内容にハマる楽曲を書き下ろし出来たりしたら最高だと思います

POWERPUSH!恒例企画 お祝いケーキSHOT

【PAELLASのルーツミュージック】

MATTON
プリファブ・スプラウト『Bonny』

僕はUKインディーズのジメッとしたなよなよとした雰囲気があまり得意じゃなくて。でもこの曲が収録されたアルバム「スティーヴ・マックイーン」は程よくアメリカンで、男らしさと甘さがブレンドされた感じがあるんです。センチメンタルでロマンチックで、でも硬派な部分が良い。他のアルバムはそんなに聴かないけど、このアルバムは全部好き。『Bonny』みたいな曲を作りたいなってずっと思っています。

Satoshi Anan
フランク・オーシャン『Blonde』

『ブロンド』の2作前に出たミックステープが衝撃的で、リリースのたびにインパクトを受けるんですけど、『ブロンド』は今の彼の完成形という感じがします。活動を追いかけているアーティストってほとんどいないけど、フランク・オーシャンだけは常にチェックし続けています。情報の統制の仕方とか、SNSをやっていないところとか、活動に余白が多いところもかっこいい。全てにおいて完璧な芸術家だと思います。

bisshi
テーム・インパラ『カレンツ』

2015年くらいにサブスクで音楽を聴き始めたタイミングで『カレンツ』がリリースされて、聴いた瞬間に世界が変わった、今までのバンドとは違う何かが出て来たと思ったんです。その出来事をきっかけに音作りに対するスタンスも、音楽の聴き方も何もかもが変わって。まさに世界が一変することとなった1曲です。あれを聴いた瞬間から、僕の土台にしっかり根を下ろしたと言っても過言でないくらい全てに影響を受けました。

Ryosuke Takahashi
ザ・バンド『ミュージック・フロム・ビッグ・ピンク』

19歳くらいの時に初めて出会ったんですけど、ドラムのグルーヴ感がそれまで聴いていたどの音楽とも全く違っていて。バックビートの利かせ方もかっこいいし、バンド自体のスタンスも面白かった。当時はドラムを始めて2年目くらいだったのですが、プレイもかなり影響を受けていると思います。もうドラムの方も亡くなっちゃったのですが、今でもドラムの原点に戻りたいなって思うときにはこのアルバムを聴きます。

ページの先頭へ戻る