松永 大司

松永 大司

映画監督

74年、東京都出身。
大学卒業後、俳優として活躍。その後、性同一性障害の現代アーティスト・ピュ〜ぴるを8年間追い続けたドキュメンタリー映画「ピュ〜ぴる」(10年)を監督し発表。同作がロッテルダム国際映画祭2011など世界各国の映画祭に正式招待される。野田洋次郎が映画初出演で初主演を務めた「トイレのピエタ」が劇映画監督の第一作目となった。

BACK