スペシャが選ぶ2019年度最注目新人アーティストを発表!

NEWS

2020.01.24

イベント出演アーティストを追加発表&チケット一般発売スタート!

More

2019.12.18

SPACESHOWER RETSUDEN NEWFORCE2020 2020年3月15日(日)に渋谷WWWにて開催!

More

2019.12.18

TOKYO CALLING 2019のライブの模様をSPACE SHOWER TV YOUTUBEチャンネルにて公開中!

More

2019.12.18

スペースシャワーTVのレギュラー番組「スペシャのヨルジュウ♪」 12月のNEW FORCEコーナーは、17歳のラップアーティストさなりを特集!
放送日程:12月18日(水)22:00~23:00

More

HISTORY

2016年度

NEW FORCE ARTIST

あいみょん / Suchmos / シンリズム / DAOKO / never young beach / パノラマパナマタウン PELICAN FANCLUB / ぼくのりりっくのぼうよみ / Mrs. GREEN APPLE / LILI LIMIT (10組/50音順)

OFFCIAL SITE

2017年度

NEW FORCE ARTIST

iri / saucy dog / SIX LOUNGE / Shuns'keG & The Peas ドミコ / For Tracy Hyde / 向井太一 / YAJICO GIRL / ReN / The Wisely Brothers (10組/50音順)

OFFCIAL SITE

2018年度

NEW FORCE ARTIST

Attractions / Sano ibuki / ズーカラデル / SUSHIBOYS / ニトロデイ / Hump Back / ハンブレッダーズ / FOMARE / MONO NO AWARE / Rude-α (10組/50音順)

OFFCIAL SITE

あなたの出逢いに、
NEW FORCE!!

© SPACE SHOWER NETWORKS INC.

Some image

PROFILE

中村佳穂

数々のイベント、フェスの出演を経て、その歌声、音楽そのものの様な彼女の存在がウワサを呼ぶ京都出身のミュージシャン、中村佳穂。
ソロ、デュオ、バンド、様々な形態で、その音楽性を拡張させ続けている。
ひとつとして同じ演奏はない、見るたびに新しい発見がある。今後も国内外問わず、共鳴の輪を広げ活動していく。
2016年、『FUJI ROCK FESTIVAL』に出演。
2017年、tofubeats『FANTASY CLUB』、imai(group_inou)『PSEP』、ペトロールズ『WHERE, WHO, WHAT IS PETROLZ?? -EP』に参加。
2018年、自身のレーベル「AINOU」をスペースシャワーミュージック内に立ち上げ、同タイトルのアルバムを11月7日に発表した。

OFFCIAL SITE
Twitter
YouTube Channel

Some image

PROFILE

神山羊

動画SNSシーンを中心に活躍するサウンドクリエイター&シンガーソングライター・神山羊。
叙情的なリリック、アップビートからチルまでの幅広さ、洗練されたグルーヴ感のあるダンストラックが特徴的。
代表曲「YELLOW」はYoutubeでは1600万再生超、TikTokでは15万動画に使われるなどWEBを中心に支持を得る。
2019年4月に1st mini Album「しあわせなおとな」をリリース。

OFFCIAL SITE
Twitter

Some image

PROFILE

Ghost like girlfriend

1994年7月25日生まれ、兵庫県淡路島出身のシンガー・ソングライター、岡林健勝によるソロ・プロジェクト。
2017年にデビュー曲「fallin'」をサブスクリプションで公開し、MVが話題になる。
2019年3月には、Ghost like girlfriendとして初のライブを渋谷WWWで開催し、チケットは即日完売。
6月19日にEMI Recordsより1st Full Album「Version」をリリース予定。
7月には東京・大阪にて「Tour Virgin」が開催予定。

OFFCIAL SITE
Twitter
Instgram YouTube Channel

Some image

PROFILE

Kvi Baba(クヴィ・ババ)

1999年生まれ19歳、大阪・茨木出身のラッパー/シンガーソングライター。
2017年よりSound Cloud上で立て続けに楽曲を発表し音楽活動をスタート。トラップ、クラウド・ラップ、オルタティブ・ロックから影響を受けたというメロディックなラップスタイルと、内省的かつ鬱屈した心情を歌ったリリックが特徴。エモーショナルという言葉がジャストにフィットしたアーティストである。

OFFCIAL SITE
Twitter
Instgram

Some image

PROFILE

eill

東京出身。SOUL/R&B/K-POPをルーツに持つ新世代シンガーソングライター。
15歳からJazz Barで歌い始め、同時にPCで作曲も始める。10代から、清水翔太のコーラスやPAELLAS、SKY-HIなどへ客演で参加する。
2017年12月、韓国ヒップホップ・アーティストRheehabとOceanと制作した音源「721」をSoundCloudに公開。2018年6月、SG「MAKUAKE」、7月には、高橋海(LUCKY TAPES)が参加した「HUSH」、10月にはミニアルバム「MAKUAKE」を発表。Apple Music「今週のNEW ARTIST」、SPACE SHOWER「NEW FORCE」、Spincoaster「BREAKOUT 2019」、HMV「エイチオシ」に選出されるなど、2019年に大きな飛躍が期待されているアーティスト。
2019年5月以降「20」、「succubus」、「Succubus feat. Kvi Baba (grooveman Spot Remix)」と配信シングルを連続リリース。11月06日に待望のファースト・アルバム「SPOTLIGHT」のリリースが決定。また11月16日より、1st ONEMAN TOUR 「BLUE ROSE 2019」も東名阪にて開催。

OFFCIAL SITE
Twitter
Instgram YouTube Channel

Some image

PROFILE

ADOY(KOREA)

ADOYは2017年に突如姿を現し、韓国の音楽シーンにシンセポップサウンドを広めた。彼らの音楽が意味するイメージは、「波」「サーフィン」「ランニング」「ナイトウォーク」「冷たいビール」 「タバコ」であり、夢の中のような、アップビートで直感的なサウンドである。それらが、夢の一部、未来、回想、 そして寂しさの感情がコアに溶け込んでいる。
彼らのデビューEP <CATNIP>は多くの高い評価を受け、クラブや音楽フェスでもよく流れる人気のある作品となった。 2018年にリリースされた2nd EP <LOVE> は、前作よりもさらに勢いを増し、イギリスでのクラブツアーから アジア単独ライブを成功させ、世界進出も間近である。

Twitter

Some image

PROFILE

さなり

小学校低学年時にYouTubeに出会い、オリジナル動画の投稿を開始。動画投稿の収入でパソコンを購入し、遊ぶように動画制作などを行っていた。
同じ頃、ラップミュージックと出会い、中学校に入るとフリースタイルラップで友達と遊び始め、中学2年生の頃からオリジナル音源の制作をスタート、再度、動画投稿を始めるようになる。一度聞いたら耳から離れず、リリックがストレートに入ってくる力強い独特の声が特徴的な16歳のラップアーティスト。

OFFCIAL SITE
Twitter
Instgram YouTube Channel

Some image

PROFILE

秋山黄色

栃木県宇都宮市出身。中学生の頃、TVアニメ「けいおん!」に影響されベースを弾き始め、高校1年生の時にはスピッツ「チェリー」を覚え、即興で歌ったことがきっかけとなり初のオリジナル曲を制作。作詞・作曲・編曲・歌唱までをひとりで手掛ける、ソロアーティスト。2017年12月より宇都宮・東京を中心にライブ活動をスタートさせ、”SUMMER SONIC 2018”を始めMINAMI WHEELなどのロックフェスにも出演。
昨年、初の配信リリース曲『やさぐれカイドー』が、Spotifyバイラル・チャート(国内)で2位に入る快挙を達成。その後、Spotifyにて今年大きな飛躍が期待される新進気鋭の国内アーティスト10組”Early Noise 2019”に選出。また、秋山黄色の世界観を鮮烈に表現したミュージックビデオは再生回数を増やし続けている。2019年最重要次世代アーティストとしてSNSで話題に!”VIVA LA ROCK 2019”・ rockin’ on presents ”ROCK IN JAPAN 2019”・”SUMMER SONIC 2019”へのロックフェスへも出演。9月28日にTSUTAYA O-Crestにて行われた秋山黄色1st ONE MAN LIVE 『登校の果て』のチケットは秒速即完。秋山黄色ファンからの声を受け、2020年2月28日にはshibuya WWWで追加公演も決定!

OFFCIAL SITE
Twitter

Some image

PROFILE

w.o.d.

サイトウタクヤ(Vo/Gt)、Ken Mackay(Ba)、中島元良(Dr)からなる神戸発3ピースバンド、w.o.d.(ダブリューオーディー)。
新世代グランジスターと称される爆音サウンドが各地ライブハウスで話題となり、「VIVA LA ROCK」「SATANIC CARNIVAL」「RUSH BALL」など大型フェスへも多数参加。
シティポップ以降メロウなサウンドが主流の邦楽バンドシーンの中、ラウドなオルタナロックを鳴らせる稀有な存在としてミュージシャンやメディアからの注目度も高い。

OFFCIAL SITE
Twitter

Some image

PROFILE

キタニタツヤ

1996年生まれ。
2014年頃からネット上に楽曲を公開し始める。
2017年、高い楽曲センスが買われ作家として楽曲提供をしながらソロ活動も行う。
2018年に発売したソロ作品「I DO(NOT)LOVE YOU.」はギター、ベース、プログラミングなど、マスタリング以外のすべての作業を一人で完結させた作品で、高い評価を得る。
2019年9月に最新作「Seven Girls’ H(e)avens」を発売

OFFCIAL SITE
Twitter

Some image

PROFILE

Suspended 4th

Kazuki Washiyama(Gt.&Vo.)、Seiya Sawada(Gt.)、Hiromu Fukuda(Ba.)、Dennis Lwabu(Dr)からなる名古屋の栄で路上ライブを中心に活動中の4ピースロックバンド。
路上ライブの常識を覆す圧倒的なライブパフォーマンスが話題を呼び、オンボーカルの楽曲からインストゥルメンタルのセッションまで熟し、多才なプレイで観る者を魅了し続けている。

‘18年には、ストリートミュージシャンを集めた野外フェス「Street Musician Summit」を開催。今年1月には路上ライブでフィールドレコーディングを敢行、正真正銘一発録りのインストライブ音源「20190121」を発表。7月にはPIZZA OF DEATHから待望の全国流通盤をリリース、東名阪で行ったレコ発ツアーも即日完売!今要注目のバンドであると同時に前代未聞の活動スタイルで「嘘偽りの無い音楽」を掲げて音楽業界に一石を投じる。

OFFCIAL SITE
Twitter

Some image

PROFILE

Maica_n

佐賀県出身の徳島県育ち。2019年6月、インディーとして初のEP「秘密」をリリース。自身作詞・作曲の4曲に加え、カバー1曲を含んだEPは、各メディアにも多数とりあげられ、全国パワープレイ獲得、J-WAVE「TOKIO HOT 100」では上位にランクイン。さらにSpotify「Early Noise」に選出され、その後の大阪Janisにて開催の「Spotify Early Noise Night」にも出演と快進撃を続けている。

OFFCIAL SITE
Twitter

Some image

PROFILE

Safeplanet(Thailand)

タイ/バンコクで活動するギターボーカルのAlien、ドラムのDoi、ベースのYiiによる3人組。
AlienとDoiが参加していたバンドの解散を機に結成。直後からタイの音楽業界で注目を集め、どこのレーベルにも所属しない完全インディペンデントな活動ながらYouTubeの総再生回数は2,000万回を超え、リリースする楽曲が軒並みタイ国内サブスクリプション・ランキング上位に食い込むなど、HYUKOH、Sunset Rollercoaster、ADOYなど日本において徐々に注目を浴びているアジアン・インディシーンにおいても既に話題沸騰中の新人。AlvvaysやBeach Fossilsら欧米の人気バンドのタイ公演ではサポート・アクトに抜擢されるなど音楽性も確かな評価を獲得している。 2019年7月にワンマン・コンサート「NEON PLANET CONCERT」をバンコクで開催、ストリングス隊を入れたスペシャルなバンドセットで2,000人を超えるオーディエンスを熱狂させた。
2019年10月02日1st Album「Safeboyz」で日本デビューに加え、10月11日より「Safeplanet Japan Tour 2019」を開催。

OFFCIAL SITE
FACEBOOK
YouTube Channel

Some image

PROFILE

長谷川白紙

20歳音楽家。2016年頃よりSoundCloudなどで作品を公開し、17年11月、Maltine RecordsよりフリーEP作品『アイフォーン・シックス・プラス』をインターネット上で発表。
18年12月、10代最後に初CD作品『草木萌動』をリリース。知的好奇心に深く作用するエクスペリメンタルな音楽性ながら、ポップ・ミュージックの肉感にも直結した衝撃的なそのサウンドは、各所で絶賛され、新たな時代の幕開けをも感じさせるものとなった。19年11月13日、待望のファーストフルアルバム『エアにに』がリリースされる。

Twitter