あなたの側で、生きてる音楽 LIVE width YOU

SPECIAL THANKS TO
  • uP!!!
©SPACE SHOWER NETWORKS INC.
vol.19 back number

LIVE REPORT

このレポートをSNSでシェア
twitter
facebook
google+

スカパラ×スペシャ「TOKYO SKA JAM "8"」に豪華ゲスト集結!30周年祝う熱狂の一夜

スペースシャワーTVによる東京スカパラダイスオーケストラのレギュラー番組「TOKYO SKA JAM "8"」の公開収録ライブ「SPACE SHOWER TV "LIVE with YOU" -TOKYO SKA JAM "8"- supported by uP!!!ライブパス」が、11月7日に東京・新木場STUDIO COASTで行われた。

「TOKYO SKA JAM “8”」は今年お互いに30周年というメモリアルイヤーを迎えたスカパラとスペースシャワーTVがタッグを組んだプログラム。今注目のアーティストをゲストに招き、そのゲストがセッションしてみたいスカパラの楽曲3曲について2組がトーク。そして、その中の1曲をセッションするという内容で、スカパラは全8回にわたり多彩なゲストとの共演を披露してきた。スペースシャワーTVの公開収録ライブ「Live with You」とのコラボレーションイベントとして行われた公開収録にはスカパラに加え、番組にゲスト出演したGEN(04 Limited Sazabys)、コムアイ(水曜日のカンパネラ)、渋谷龍太(SUPER BEAVER)、高橋優、チバユウスケ(The Birthday)、ヤマサキセイヤ(キュウソネコカミ)が参加。一夜限りのスペシャルな共演をファンの前で披露した。

満員のオーディエンスの大歓声に迎えられたスカパラは「DOWN BEAT STOMP」「スキャラバン」とキラーチューンを初っ端から連発し、ダンスフロアを瞬時にして沸騰させる。谷中敦(Baritone Sax)は「今日はすごいゲストだよね。音楽界的には視聴率20%欲しいくらい!」と笑いつつ「本当にスペシャルなライブになると思います!」と聴衆の期待感を大きく煽り、ライブの幕開けを高らかに告げた。

ゲスト陣のトップバッターで登場したコムアイは披露曲に「美しく燃える森」を選び、「こんなに妖しい歌詞があるかしら。これを書いた人はどんな精神状態だったのかしらと思った曲です」と曲の魅力を語った。演奏が始まると、コムアイは紫のドレスの裾を揺らしながらステージ上を舞い、浮遊感のあるボーカルで楽曲の妖艶な世界観を鮮やかに描き出した。

「縦書きの雨」に乗せて登場した2組目のゲストは渋谷龍太。アレンジを交えながら豊かな歌声を響かせた渋谷に、谷中は「完全に自分のものにしてるね!」と言葉を送った。緊張をしきりに表明して笑った渋谷は、次に「めくれたオレンジ」を披露することに。「一番最初に出会ったスカパラの曲。この曲は自分の中でスペシャルで……」と強い思い入れを語った渋谷は、スカパラホーンズと共に軽快なステップを踏みながら思い切り歌い上げ「スカパラ、スペシャ、30周年おめでとう!」と祝福の言葉を叫んだ。

加藤のギターに乗せ、GAMO(Tenor Sax)は次なるゲストとして高橋優の名前をコールした。真っ赤なスーツ姿の高橋は「太陽と心臓」を披露。朗らかな歌声とバンドが紡ぐ軽快なサウンドで場内は一気に晴れやかなムードに染まり、オーディエンスはハンドウェーブで大きな一体感を作り上げた。高橋が一度舞台袖へと姿を消すと、ここでスカパラは「銀河と迷路」をパフォーマンス。甘い歌声で観客を魅了する茂木欣一(Dr)は曲の途中でGENを呼び込み、GENはテンポアップした「銀河と迷路」をハイテンションなボーカルワークで歌い切った。そんなGENがこの日のために用意したもう1曲は、Charaがボーカルを務めた「サファイアの星」。番組では惜しくも披露できなかったというこの曲を、GENは持ち前のハイトーンボイスを生かして歌い上げる。歌い出しでその歌声に心つかまれた聴衆は熱狂の声を上げながら、GENのカバーを堪能していた。

ライブも終盤に差しかかったところで一層会場の盛り上がりを高めたのはヤマサキセイヤ。「Wake Up!」で真っすぐな歌声を届けたヤマサキは「キュウソのボーカルがこんなところに……すげえ日だ!」と周囲を見回した。スカパラとヤマサキはここで高橋をステージに呼び戻し、3組で「メモリー・バンド」を披露することに。ステージの真ん中でお互いのほうを向いた高橋とヤマサキは掛け合いで2つの歌声をつないでいき、聴衆は2人の歌声に呼応するように力強く拳を突き上げた。

「ゴッドファーザー愛のテーマ」のスリリングな演奏に会場のムードが一変すると、茂木のカウントから「カナリヤ鳴く空」へ。この日最後のゲストボーカル・チバユウスケが姿を見せた途端、オーディエンスは大歓声で彼を迎えた。圧倒的な存在感を放つチバに、川上つよし(B)は「ラスボス感すごいですね!」とひと言。そして2組は「カナリヤ鳴く空」に次ぐコラボソング「iDale Dale! ~ダレ・ダレ!~ feat. チバユウスケ」を披露する。晴れやかな力強さに満ちたこの曲でチバは「ダレ・ダレ!」と声を上げながらオーディエンスを扇動し、さっそうとステージをあとにした。

本編が熱狂の中で締めくくられると、アンコールでは谷中が「それぞれの歌いっぷりがすばらしくて、涙腺に来るくらいの感動でした。みんな目撃してくれてありがとう!」と、ゲスト陣の熱演に感無量の思いを口にした。各々が“トーキョースカ”への情熱と愛を大いに表現したこの日のラストナンバーに選ばれたのは、スカの名曲「Jamaica Ska」。ステージに並んだ全出演者は軽快なスカのリズムに笑顔で身をゆだね、特別な時間を最後まで楽しんでいた。
文/三橋あずみ 写真/柴田恵理

◆セットリスト
01. DOWN BEAT STOMP / 東京スカパラダイスオーケストラ
02. スキャラバン / 東京スカパラダイスオーケストラ
03. STORM RIDER / 東京スカパラダイスオーケストラ
04. 美しく燃える森 / 東京スカパラダイスオーケストラ、コムアイ
05. Paradise Has No Border / 東京スカパラダイスオーケストラ
06. 縦書きの雨 / 東京スカパラダイスオーケストラ、渋谷龍太
07. めくれたオレンジ / 東京スカパラダイスオーケストラ、渋谷龍太
08. 君と僕 Dub ver / 東京スカパラダイスオーケストラ
09. JB / 東京スカパラダイスオーケストラ、高橋優
10. 太陽と心臓 / 東京スカパラダイスオーケストラ、高橋優
11. 銀河と迷路 / 東京スカパラダイスオーケストラ、GEN
12. サファイアの星 / 東京スカパラダイスオーケストラ、GEN
13. SKA ME CRAZY / 東京スカパラダイスオーケストラ
14. 遊戯みたいにGO / 東京スカパラダイスオーケストラ
15. Wake up! / 東京スカパラダイスオーケストラ、ヤマサキセイヤ
16. メモリー・バンド / 東京スカパラダイスオーケストラ、ヤマサキセイヤ、高橋優
17. ゴッドファーザー愛のテーマ / 東京スカパラダイスオーケストラ
18. カナリヤ鳴く空 / 東京スカパラダイスオーケストラ、チバユウスケ
19. iDale Dale! ~ダレ・ダレ!~ / 東京スカパラダイスオーケストラ、チバユウスケ
20. Glorious / 東京スカパラダイスオーケストラ
21. ペドラーズ / 東京スカパラダイスオーケストラ
<アンコール>
22. Jamaica Ska / 東京スカパラダイスオーケストラ、コムアイ、渋谷龍太、高橋優、GEN、ヤマサキセイヤ、チバユウスケ
(番組O.A.楽曲は未定です)