あなたの側で、生きてる音楽 LIVE width YOU

SPECIAL THANKS TO
  • uP!!!
©SPACE SHOWER NETWORKS INC.
vol.18 森山直太朗

LIVE REPORT

このレポートをSNSでシェア
twitter
facebook
google+

「あなたの側で、生きてる音楽。」をコンセプトに、スペースシャワーTVがトップミュージシャンと贈るプレミアムライブ番組「SPACE SHOWER TV“LIVE with YOU”」。2012年の放送スタート以来、貴重なライブが繰り広げられてきたこの完全無料招待制の人気プログラムの第18弾は、今年20周年を迎えたくるり。9月1日にバンドが結成された立命館大学の音楽サークル「ロックコミューン」部室で行われた「くるりの部室ライブ」のなかで発表されたこのイベントは、初代ドラマー・森信行を迎えた特別編成での開催。代表曲、ヒット曲、レア曲を織り交ぜたセットリストを含め、まさに一夜限りの貴重なライブとなった。

渋谷WWW Xのステージに登場したのは、くるりのオリジナルメンバーである岸田繁(V/G)、佐藤征史(Ba)森信行(Dr)、そして、サポートの野崎泰弘(Key)、山本幹宗(G)。森のシンバルによるカウントから始まったオープニングナンバーは、2000年のヒットチューン「ワンダーフォーゲル」。骨太なバンド・グルーヴとともに「ハローもグッバイもサンキューも言わなくなって」というサビのフレーズが響き、オーディエンスも気持ち良さそうに身体を動かし始める。さらに90年代シューゲイズのテイストを取り入れた「LV30」を披露したあと、最初のMC。

約6,100名の応募者のなかから当選した400名のオーディエンスに「くるりです。みなさん、クジというか、抽選に当たったんやんな? 大丈夫ですか、1年の運を使い果たして」と挨拶した後、メンバーを紹介。「結成時のメンバーであり、最近なぜか帯同することになりまして」と森が紹介されると、会場からひときわ大きな歓声が上がった。

その後もキャリアを象徴するナンバーが次々と演奏される。カントリーミュージックをポップに昇華したサウンドのなかで岸田、佐藤の有機的なコーラスが広がる「リバー」、抑制の効いた演奏によって、リリカルな歌の世界をじっくりと堪能できた「ばらの花」。20年のなかで生み出されてきた名曲が、オリジナルメンバーを含む“2016年のくるり”として表現されていく。

「オリジナルメンバーで久しぶりにやって。(森に向かって)どういう心境ですか?」(岸田)「楽しいです。ありがとうございます、ホント」(森)というやりとりを挟み、ライブは後半へ。クラシックの組曲のような構成を持った「ブレーメン」をダイナミックに演奏した後、くるりのアンセムのひとつである「ロックンロール」へ。心地よい推進力を備えたギターリフ、佐藤、森によるエモーショナルなビート、そして「振り返ることなく 天国のドア叩く」というフレーズともに解放されるメロディラインによって、会場の高揚感が一気に上がる。鋭利なブルーズ・フィーリングを感じさせる岸田のギターソロも最高だ。

「ベスト(3枚組オールタイムベスト『くるりの20回転』)も出しましたけど、新しいものもボチボチ作ってますので」(岸田)というMCの後は、初期の名曲「虹」。濃密なサイケデリアと和の情緒が共存したこの曲によって、本編は終了した。

最初のアンコールでは、インディーズ時代のデモ音源「もしもし」(1997年)に収録された「夜行列車と鳥瓜」、7thアルバム「ワルツを踊れ Tanz Walzer」(2007年)に収められている「ハム食べたい」などのレアな楽曲が披露された。そしてラストはデビューシングル「東京」。オリジナルメンバー3人による、もっともベーシックなスタイルで放たれたこの日の「東京」は、くるりの20周年における大きなハイライトと言っていいだろう。

このライブの模様を収録した「SPACE SHOWER TV“LIVE with YOU”~くるり~supported by uP!!!」の初回放送は12/25(日)22:00~23:00。くるりの軌跡を体感できる貴重なステージをぜひ目撃してほしいと思う。

撮影:岸田哲平/テキスト:森朋之

◆セットリスト
M01. ワンダーフォーゲル
M02. LV30
M03. GO BACK TO CHINA
M04. トレイン・ロック・フェスティバル
M05. 太陽のブルース
M06. キャメル
M07. リバー
M08. ばらの花
M09. 愉快なピーナッツ
M10. ブレーメン
M11. ロックンロール
M12. 虹
EN1. 尼崎の魚
EN2. 夜行列車と鳥瓜
EN3. ハム食べたい
EN4. 東京
(番組O.A.楽曲は未定です)